諸葛亮が住み、張飛が守った!三国志と深く繋がる中国十大古城

数千年の歴史を持つ中国には古城と呼ばれるかつての城跡が複数あり、敵の侵入を防ぐために築かれた頑丈な城壁からは当時の様子を垣間見ることができます。天災や人為的な要因で当時の姿を保存した古城はごく一部となってしまいましたが、そんな数少ない中国の古城の中でよく知られている十カ所の古城を「中国十大古城」と題してご紹介いたします。今回ご紹介いたします十大古城はいずれも、文化財が豊富で歴史・文化において重大な価値を持つ都市を指す中国の「歴史文化名城」に指定されています。

世界遺産の大運河が通る、悠久の歴史を持つ商丘古城

河南省商丘市にある商丘古城は全国的に見ても保存状態がよい古城です。数十万年前に「燧人氏」が燧明国を今の商丘市に築き、木の板に木の棒を回転させ摩擦で発火させる方法を発明し現地の人に伝えたといわれています。商丘古城の観光名所でもある「燧皇陵」は燧人氏の陵墓です。紀元前約2500年前に五帝の1人である顓頊(せんぎょく)は商丘市を都としていました。さらに、商丘市は2014年に世界遺産に登録された「大運河」が通っている都市でもあります。商丘古城で有名な観光場所は、755年から763年にかけて起きた大規模な反乱、安史の乱で活躍した武将・張巡と政治家の許遠を記念して建てられた「張巡祠」や北宋の四大書院の一つである「応天府書院」が有名です。応天府書院は中国の宋代の優秀な政治家・文学者である範仲淹が学問を極めるために訪れた場所としても知られています。

さかのぼる事数十万年前!?歴史を体感できる商丘古城

商丘古城1

商丘古城4

天文学と風水文化が栄えた閬中古城

四川省閬中(ろうちゅう)市にある閬中古城はすでに2300年の歴史を持ちます。かつては軍事の要所だったそうです。閬中は三国時代に蜀の武将、張飛が7年に渡り守り続けた場所として知られており、閬中古城には張飛を祀った「桓侯祠(別名:張飛廟)」があります。閬中古城には張飛廟のほか、7カ所の「全国重点文物保護単位」があります。省レベルの保護文化遺産ですと22カ所があります。閬中古城はかつて中国で天文の研究の中心地でもありました。中国で初めて文字で記載した完全な暦法と言われている太初暦を編暦した落下閎は閬中の出身です。閬中では当時多くの天文学者が天体観測などを行っていたそうです。さらに、閬中古城の風水文化も有名で、中国の風水文化の観光名所としても有名です。

“三国時代の武将・張飛が守った閬中古城―中国十大古城

閬中古城001

閬中古城002

“さびれた”ことで 明代の城壁がほぼ完全な形で残された平遥古城

山西省晋中市平遥県にある平遥古城は、1997年にユネスコの世界遺産に登録されました。古城の創建は西周時代にさかのぼり、すでに2000年余りの歴史を刻んでいます。内部には保存状態の良い、古城壁をはじめ、五代の時期に建てられた木造建築、鎮国寺、金代の建築文廟大成殿などが残っています。清代には、実業家が多く住んでいたことから、「小北京」と称されたこともあります。平遥古城は明代の城壁がほぼ完全な形で残された中国唯一の町といわれ、明・清代に商業界を二分する存在だったとも言われる山西商人の拠点でした。かつて銀行の前身である「票号」という金融業によって繁栄しましたが、清末からの動乱によってさびれ、現代に至っても資金不足のために再開発が行なわれなかったそうです。皮肉なことにこのことが、現在も見られる素晴らしい町並みを残す結果となりました。

“小北京”と呼ばれ、金融で栄えた平遥古城―中国十大古城

平遥古城1

平遥古城001

三国志と深いつながり!城壁の保存状態は中国有数な荊州古城

湖北省荊州市にある荊州古城の原型は春秋戦国時代に建築されたといわれており、歴史上激しい戦いが繰り広げられた場所です。現存の城壁は明代末から清代初めにかけ築かれたものだそうです。後漢に蜀の武将・関羽が荊州古城の建設を進めた事でも有名です。三国時代を扱った書物にもたびたび登場することから、荊州古城には関連の観光場所が30カ所余りあり人気スポットになっています。荊州古城の城壁は、中国でも有数の保存状態が良い城壁です。荊州古城がある荊州市は長江の重要な港という一面ももっています。屈原、李白、杜甫、白居易、蘇軾など、荊州とゆかりのある有名人は多く、荊州に関連した詩も多く残されています。

三国の武将・関羽が築き守った荊州古城―中国十大古城

荊州古城001

荊州古城002

諸葛亮が住んだ、「鉄作り」の襄陽古城

湖北省襄陽市にある襄陽古城の市内を長江の支流である漢江が流れており、三国志と深いつながりがある場所です。古戦場の地として知られ、数多くの歴史的な建造物を目にすることができます。長江の主要な支流の1つである漢水においても襄陽市は非常に重要な都市でした。建造物は自然の地形を利用して建てられてものも多く、襄陽古城の城壁は「鉄作りの襄陽」と言われたほどに強固な城壁として知られていました。城壁は漢代に築かれ、宋代に改築された長い歴史を誇りますが、1993年以来何度も倒壊しています。襄陽市は、三国志の諸葛亮が住んでいた場所とされており、劉備の三顧の礼も襄陽が舞台です。襄陽市を舞台とした三国志のエピソードは多くあり、同市は「中国三国文化の郷」とも呼ばれています。

諸葛亮が住んだ、三国文化の郷・襄陽古城―中国十大古城

襄陽古城001

襄陽古城002

中国三大地域文化の一つを育んだ徽州古城

安徽省黄山市歙県にある徽州古城(歙县古城)は秦代に今の原型が形成されたといわれています。中国三大地域文化の一つである徽文化の発祥地で、東漢・西晋・唐代末・北宋の4つ時期に、大きな影響力をもつ流派や豪族らが南下し、多くの先進的な技術と文化を持ち込んだとされています。この4つの時期の文化流入を吸収し発展したのが徽文化と言われています。徽文化は明・清代に絶頂期を迎えました。徽州の歴史文化を研究することを主な目的とした徽州学(徽学)が広く知られるようになり、敦煌学、チベット学と並び中国三大地域学とも呼ばれています。観光地としても人気な徽州古城には、唐代の詩人・李白を記念して建てられた「太白楼」など歴史的な建造物が数多くあります。

李白が訪れた!中国三大地域文化の一つを育んだ徽州古城―中国十大古城

徽州古城001

徽州古城002

世界遺産保護優秀賞も受賞した麗江古城

雲南省麗江市にある麗江古城はユネスコの世界文化遺産に登録され、その独特な建築様式と水郷のような美しい風景のゆえ、麗江古城は、「東方のベニス」とも呼ばれています。麗江古城は雲南省北部に位置し、万年雪を頂く玉龍雪山のふもとに少数民族であるナシ族独自の古い町並みが広がっています。伝統的な民家の修復が認められ、2007年には「ユネスコアジア太平洋地区2007年遺産保護優秀賞」を受賞しています。麗江古城は標高2400メートルの場所にあり、城壁はありません。木造瓦葺の屋根が軒を連ねる街並みに、石畳の道が縦横に走っています。ナシ族独自の伝統文化は東巴(トンパ)文化と呼ばれ、トンパ文字は現在世界で唯一の「生きた象形文字」とされています。

高倉健さんも訪れた“東方のベニス”麗江古城―中国十大古城

麗江古城001

麗江古城002

中国の豆腐発祥の地である寿県古城

安徽省淮南市にある寿県古城は宋代から建造が始まり、明・清代以降に城壁が強化されました。寿県古城の城壁はもともとレンガ造りでしたが、その後洪水対策のため一部で石積みに変更され、さらにその後は細長い長方形の石材で強化が行われたそうです。1991年には大きな洪水から城内に住む人を守ったといいます。寿県古城一帯の気候は穏やかで湿気が高め。周辺には湖や川が点在し、水源に恵まれています。通年の平均気温は約15℃です。中でも、「珍珠泉」は有名で、透明度の高い水で知られています。さらに、寿県古城が属する淮南市にある八公山は中国の豆腐の発祥地としても知られています。

敵だけでなく、洪水からも人々を守った寿県古城―中国十大古城

寿県古城1

寿県古城001

シルクロード南の要所として栄えた大理古城

雲南省大理市にある大理古城の歴史は唐代までさかのぼります。唐代や宋代など500年余りに渡り大理古城は雲南省の政治・経済・文化の中心でした。古城内には市級の保護文化財が14カ所あり、大理の歴史文化や宗教文化、民族文化の息吹を感じ取ることができます。大理古城はシルクロード南の要所として栄えました。現地住民の多くは白族(ペー族)です。標高2000メートルにあるこの美しい町は「東洋のスイス」と呼ばれています。古城の西門を出ると、蒼山の麓まで「三月街」という広場が広がっています。この広場では毎年旧暦の3月15日頃に「三月節」という白族のお祭りが開かれています。大理古城は南詔国と大理国の都でした。大理古城の「五華楼」は、8世紀ごろに大理古城一帯を治めていた南詔国の国賓館だった建物です。

シルクロード南の要所として栄えた大理古城―中国十大古城

大理古城001

大理古城002

中国で最もきれいな町の一つである鳳凰古城

湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県にある鳳凰古城は1000年以上の歴史を誇り、明清時代に形成された町並みや建物が現存しています。縦横に石畳の街路が伸びており、住居のほとんどが「吊脚楼」と呼ばれる高床式家屋です。屋根のある橋など独特な建築を見ることができます。鳳凰古城はニュージーランドの作家・ルイアイリが「中国で最もきれいな町の一つ」と称賛したほどの場所で、鳳凰県の出身で中国の著名な作家、沈従文(1902-1988)の名作「辺城」が鳳凰古城を舞台にしたことでも知られています。鳳凰古城は新区と旧市街の部分に分かれていて、山に沿って広がる旧市街には沱江も流れ水も豊かです。

少数民族が暮らす美しき鳳凰古城―中国十大古城

鳳凰古城001

鳳凰古城002

一言に悠久の歴史といっても、それぞれに独特な歴史を持った中国の十大古城。三国志とのつながりが深いのも特徴的で、激しい戦いが繰り広げられたからこそ、頑丈な城壁が築かれたのでしょう。三国志の聖地巡礼も良いですが、中国の悠久の歴史を肌で感じるにはもってこいの古城ですので、歴史の興味がある人にとっても面白い場所ばかりです。

           

SNSでもご購読できます。

コメントを残す