日本の植樹がきっかけ!太湖一の美景・黿頭渚―中国の桜の7スポット

桜の花見シーズン真っ只中ですが、「地元の桜はもう飽きた」何て人も中にはいるのではないでしょうか?日本の桜はとても有名で外国人観光客を惹きつけます。一方で、意外と知られていないですが、中国にもたくさんの桜のスポットがあります。今回は中国で有名な桜のスポット7箇所をご紹介いたします。初回は江蘇省無錫市にある黿頭渚(げんとうしょ)です。

中国の10大人気花見エリアの1つ

黿頭渚は中国の五大淡水湖の1つである太湖の北西に位置しています。太湖から突き出る半島がスッポンの頭の形に似ていることから黿頭渚(黿=すっぽん)と呼ばれるようになりました。例年3月中旬に開花し、3月末から4月初めが見ごろです。4月の中旬過ぎまで桜を見られます。中国のオンライン旅行会社・携程旅行網が発表したデータでは、2018年国内10大人気花見エリアの1つに選ばれました。

世界中で花開く春、中国人観光客が花見の主力に―中国メディア

黿頭渚2

日本の植樹活動がきっかけ

黿頭渚でのお花見の歴史は1980年代にまでさかのぼります。日本の民間団体が植樹を行ったことがきっかけだといわれています。エリア内には100種類の桜が合わせて3万本以上植えられ、毎年花見シーズンになると各地から50万人を超える観光客が訪れているそうです。歩いて桜を鑑賞するのはもちろんの事、自転車に乗って鑑賞したり、船に乗り水上からの花見も可能です。

中国一の桜のスポット 黿頭渚公園でお花見を:無錫市

黿頭渚3

早咲きの桜が多い

黿頭渚の桜は早咲きの種類が多く植えられており、公共のバスのほか駐車場が完備されているのでマイカーでの移動も可能です。黿頭渚は中国の5A観光区でもあります。黿頭渚の中でも、「桜花谷」と「中日桜花友誼林」が人気のスポットです。

黿頭渚4

日本の植樹活動がきっかけとはなんだか縁を感じますね。黿頭渚の桜は太湖で最も美しい景色とも言われています。確かに、湖と桜のコラボはまた違った趣がありそうです。

           

SNSでもご購読できます。

コメントを残す