“小北京”と呼ばれ、金融で栄えた平遥古城―中国十大古城

中国十大古城、第3回目は山西省晋中市平遥県にある平遥古城です。平遥古城は1997年にユネスコの世界遺産に登録され、中国の5A観光区にも指定されております。中国の歴史文化名城でもあります。

小北京と呼ばれていたことも

平遥古城はもともと無名の小さな町でしたが、中国国内で最も完全に保存されている古城として、世界文化遺産の一つとなっています。古城の創建は西周時代にさかのぼり、すでに2000年余りの歴史を刻んでいます。内部には保存状態の良い、古城壁をはじめ、五代の時期に建てられた木造建築、鎮国寺、金代の建築文廟大成殿などが残っています。清代には、実業家が多く住んでいたことから、「小北京」と称されたこともあります。

平遥の古城

平遥古城2

歴史的な街並みが現存する理由は“さびれた”ため

平遥古城は明代の城壁がほぼ完全な形で残された中国唯一の町といわれ、明・清代に商業界を二分する存在だったとも言われる山西商人の拠点でした。かつて銀行の前身である「票号」という金融業によって繁栄しましたが、清末からの動乱によってさびれ、現代に至っても資金不足のために再開発が行なわれなかったそうです。皮肉なことにこのことが、現在も見られる素晴らしい町並みを残す結果となりました。

<日本人が見た中国>郷愁漂う城郭都市、繁栄の歴史とは無縁―平遥古城

平遥古城3

中国で最初の銀行があった、城郭都市の博物館的存在

その昔、中国の都市の多くは城壁で囲っていましたが、現代化が進み現在では当時の姿を確認するのは難しくなっています。平遥古城は昔の都市の姿を確認できる貴重な存在で、城壁のみならず、街並みや当時使われていた施設まで保存さています。まさに城郭都市の博物館と呼ぶにふさわしい場所です。観光名所の一つである「日昇昌」は中国で最初の銀行と呼ばれています。

平遥古城の詳細はこちらへ

平遥古城4

金融都市として栄えた平遥古城。栄華が続かなかったことは残念ですが、それが結果的に当時の姿を保存できることにつながったことは喜ばしいことではないでしょうか。歴史的な建造物を前に、はるか昔の人びとの暮らしを想像してみるのも一興かもしれません。

           

SNSでもご購読できます。

コメントを残す