湖底から遺跡!面積ランキング5位は巣湖―中国五大淡水湖

日本の有名な湖といえば琵琶湖が知られています。琵琶湖は670平方キロメートルの面積を持つ日本最大の淡水湖です。中国にも多くの淡水湖があり、広大な国土のためその大きさも日本とはスケールが違います。今回は中国を代表する5つの淡水湖を紹介します。初回は中国で5番目の大きさを持つ巣湖です。

巣湖

巣湖

湖底から古代遺跡!特産はエビやカニ

巣湖は安徽省中部にある湖で、長江水系に属し面積は約820平方キロメートル。シラウオやコウライエビ、カニが特産です。巣湖の拡大により湖底に沈んだ集落や都市もあるとみられており、巣湖の湖底に秦・漢時期(BC221-AD220年)の都市遺跡があることが2002年に確認されました。地元の漁民の説明によると、冬季に水位が下がったとき、河床で10余りの井戸と4つの城門の位置が見え、多くの人がここで青銅器、古い貨幣、印章と無傷の陶器を拾ったことがあるそうです。

安徽省の巣湖湖底で秦・漢時期の古城遺跡を発見

巣湖

湖の底から古代遺跡が見つかるなんてロマンがある淡水湖ですね。それにしても、第5位ですでに日本最大の琵琶湖よりも大きいだなんてビックリです。

           

SNSでもご購読できます。

コメントを残す