時代を支配した皇帝らが眠る、明・清王朝の皇帝墓群―中国世界遺産

中国の世界遺産、25回目は2000年に登録された文化遺産、湖北省、河北省、北京市、江蘇省、遼寧省などにある「明・清王朝の皇帝墓群」です。明・清の25人の皇帝の陵墓です。2000年に湖北省、河北省が登録され、2003年に北京市、江蘇省、2004年に遼寧省が拡張登録されました。

※地図・写真は北京市・明の十三陵

明・清代の数多くの皇帝の陵墓

2000年に登録されたのは、湖北省の「明顕陵」と河北省の「清東陵」と「清西陵」の3カ所です。「明顕陵」は明代の嘉靖帝の父母を合葬した陵墓で、王墓を改築したもの。明代の皇帝の陵墓の中で、単体では最大規模の陵墓です。河北省の「清東陵」は清代の順治帝(孝陵)、康熙帝(景陵)、乾隆帝(裕陵)、咸豊帝(定陵)、同治帝(恵陵)の5帝の陵墓があります。「清西陵」には、雍正帝(泰陵)、嘉慶帝(昌陵)、道光帝(慕陵)、光緒帝(崇陵)の4帝の陵墓があります。

明・清陵墓2

明・清陵墓3

明朝の最初の陵墓・明孝陵

2003年には、江蘇省南京市東部の郊外にあるに鐘山の南の麓に位置する「明孝陵」が追加登録されました。明孝陵は明の太祖・洪武帝である朱元璋と后妃の陵墓です帝王の陵墓としては最大規模の陵墓です。造営には10万人が動員され、25年の月日が費やされたと言われています。明朝の最初の陵墓です。明孝陵の周辺には、常遇春、仇成、呉良、呉禎、徐達、李文忠などの功臣の墓もあり、これらの墓群も世界遺産に含まれています。

今年で世界遺産登録14周年 明朝最初の陵墓・明孝陵 南京

明・清陵墓4

明・清陵墓5

明代の皇帝13人が眠る

明孝陵と同年の2003年に登録されたのが、北京市にある明代皇帝の陵墓、「十三陵」です。明代の皇帝のうち、13人の皇帝の陵墓があることから「十三陵」と呼ばれています。中国に現存する最大の皇帝陵墓群です。永楽帝、洪熙帝、宣徳帝、天順帝、成化帝、弘治帝、正徳帝、嘉靖帝、隆慶帝、万暦帝、泰昌帝、天啓帝、崇禎帝の13人が眠っています。万暦帝が眠る「定陵」の地下宮殿は初めて国家計画に基づき考古学発掘が行われた古代皇帝の陵墓です。十三陵の中で唯一発掘された場所で、1956年から始まった定陵の発掘により、明の神宗万暦帝・皇后の副葬品3000点あまりが出土しました。

明の十三陵の文化財3千点、地下倉庫に移動へ―中国

明・清陵墓6

明・清陵墓7

2003年に続き、2004年には、遼寧省の清代の陵墓である、「永陵(ヌルハチの先祖4代の陵墓)」「福陵(ヌルハチ皇帝の陵墓)」「昭陵(ホンタイジ皇帝の陵墓)」が追加登録されました。中国では「盛京三陵」とよばれています。各地で眠るその時代を支配した皇帝らの陵墓は規模が大きく、装飾が豪華なものも少なくありません。見る者を圧倒する歴史情調が漂う場所です。

           

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 匿名 より:

    Civic Sedan – Restyled Sporty Design | Honda

コメントを残す