絶滅危惧のパンダが暮らす、四川ジャイアントパンダ保護区群―中国世界遺産

パンダ保護区1

中国の世界遺産、33回目は2006年に登録された自然遺産、「四川ジャイアントパンダ保護区群」です。世界遺産に登録された地域の総面積は約9200平方キロメートルで、東京都が4個も入る広さの中に、7つの自然保護区と9つの自然公園が含まれています。登録地域の中心となる臥龍保護区内には、世界で唯一のパンダの研究所である「ジャイアントパンダ保護研究センター」があります。
続きを読む

動植物の宝庫、過酷な自然環境の雲南の三江併流保護区―中国世界遺産

三江1

中国の世界遺産、30回目は2003年に登録された自然遺産、「雲南の三江併流保護区」です。三江とは金沙江(長江上流部)、瀾滄江(メコン川上流部)、怒江(サルウィン川上流部)の3つを指しています。チベット高原を源とするこの三江は、雲南省のデチェン・チベット族自治州と怒江リス族自治州を並行して流れており、その該当地域に動植物が豊かなことから自然遺産に認定されました。
続きを読む